バレンシア現地情報

~バレンシア生活編1~【交換留学生の1日のスケジュールは?スペインの言語環境は?】

更新日:

こんにちは! カップです!  

スペインでの生活や、お役立ち情報、現地に行ってみないとわからなかったことをこのブログで発信していきたいと思います!

今留学を考えている方や、スペインがどういうところか知りたいという方、旅行で訪れる方は、是非覗いてみていってください!

今回お話しする内容は【スペインの生活その1】についてです。

f:id:cupexperience:20200209231246j:plain

スポンサーリンク

生活の流れ 

僕は今スペインのバレンシアにある大学に交換留学生として留学しています。

基本的な一日の流れについて書いていきたいと思います。

8-9時  起床

10時  登校

10-13時 授業

14時  昼食

15-17時 休憩

17-19時 授業

19-21時 図書館で勉強

21-22時 帰宅

主な一日の流れはこんな感じです。

ただ、週によって、授業の時間帯が違うので授業の時間帯によって起床時間や昼食時間は前後します。

僕は、授業をすべて英語で受けているので、スペイン語の授業は言語の授業のみとなります。

授業は週5授業とっていて、1授業当たり、週3-4時間で、授業によっては、週1日のみのものもあるのでその点日本とは異なります。

レクチャーのクラスと実用的なクラスが(実験やコンピュータを使った授業)が合わさって、1つの授業となっています。

言語環境 

スペインの公用語はスペイン語で、バレンシアにはバレンシア語という現地の言語もあります。

スペインはEUの中でも英語が苦手というように言われていて、スペインに暮らしている人たちは、

英語が通じない

ことがほとんどです。 そのため始めは、スーパーなどでモノを探すときなどは少し困りました。(僕はスペイン語を全くやったことがなかったため) 現在はA1レベル(中学校1年生の英語ほどのレベル)のスペイン語は理解できるので、何とか単語を並べて伝えています。  (留学前に本などを買って少し勉強しておけば、また、理解度や、生活の中でのコミュニケーションが大きく変わってくると思います→僕は全く勉強していかなかったので、一言も理解できませんでした泣)  

しかし、基本的に大学内の人は、英語が通じるため、友達もすぐでき、スペイン自体がERASUMUSというEU内の留学協定によってたくさんの留学生がいる街なので、多くの国の人と友達となることができ、英語も上達することができます。

生活での日本との相違   

日本との違いとしては、まず基本的にシャワーが主で、湯船には使いません。 時々温泉が恋しくなります、、、(笑)   スペインは昼食が2-3時、夕食が8-9時と日本と比べて少し遅い時間です。そのため日本の感覚でレストランに行くと空いてなかったりするため注意が必要です。   日曜日はほとんどのお店が空いていません。中心街ですら、日曜日は閉じている店が多いので、買い物をする際は、日曜日は避けるようにしましょう!   授業は、PowerPoint主体で、ネット環境を使用して行うので、

ノートパソコンは必須です!!  

【まとめ】

  • 主に授業は、 1日3-4時間 英語での授業。授業になかでいろいろな国の学生と友達になれる
  • 普段の生活では、英語を話せない人が多い。大学内では、英語でのコミュニケーションが可能。
  • スペインの文化として食事の時間が日本とずれている。
  • 日曜は開いていない店が多い

最後まで読んでいただきありがとうございました。

わからないこと、聞きたいことありましたら、コメントを頂ければ、出来る限りではありますが、お答えさせていただきます。

――――――THANK YOU――――――

スポンサーリンク

-バレンシア現地情報
-, , , ,

Copyright© スペイン(バレンシア)留学 (たまに趣味のよさこいブログ) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.