バレンシア現地情報

緊急帰国の道中の様子!【コロナによる影響】 日本へのフライトは飛んでいるの?空港の様子は?

投稿日:

こんにちは! カップです!  

スペインでの生活や、お役立ち情報、現地に行ってみないとわからなかったことをこのブログで発信していきたいと思います!

今留学を考えている方や、スペインがどういうところか知りたいという方、旅行で訪れる方は、是非覗いてみていってください!

今回お話しする内容は【帰国時の道中の様子】についてです。

以前にも書きましたが、僕は、スペインの感染症レベルが2にひきあがったことを受け、

緊急帰国をすることになりました。21日にバレンシアを出発し、23日に成田に着く便に乗りました。

スポンサーリンク

道中の様子

地下鉄

まずバレンシアの家から空港まで地下鉄を使いました。もちろん現在緊急事態宣言中なので、人は少なく、まばらに乗っている感じでした。乗ってくる人は、一定の距離を保って座り、手袋、マスクをしていました。

僕は、家から市の中心地を通って空港に行く地下鉄を使いましたが、乗っている人は必ずしも空港に行くわけではなく、中心部の駅で降りる人がほとんどでした。(理由はのちに知ることになります。)

バレンシアの空港

空港につくと驚いたのが、僕以外に降りる人がいないこと。そして空港から乗る人も1組だけだったこと、おかしいと思い空港の出発、到着の看板を見ると驚きのキャンセル数。

これなら、むしろ僕のフライトが飛ぶのが奇跡と感じるくらいです。実際に確認してみると、この日に飛んでいるフライトはわずか1日で3便でした。

この飛行機は、定刻通り出発して、アムステルダムに向かいました。

通常バレンシアから日本に帰るためには、アムステルダム、ロンドンもしくは、パリ、ローマなど多くの経由地が考えられますが、僕が調べたときは、アムステルダム→パリ→成田orバレンシア→ロンドン の2択しかありませんでした。この中で僕は、安かったアムステルダム経由の便を選びました。僕の友達は、アムステルダム経由の朝の便をとっていましたが、キャンセルになり変更手数料を払って、僕と同じ便に変更したみたいです。

キャンセルになったのだったら、無料で変更してしてもいい気がしますが、、、(ちなみに航空会社には、キャンセルになる予定の便でもサイトで買えるようになってしまっています、、、、)

アムステルダムの空港についた後に分かったことなのですが、21日の便を最後にバレンシアからアムステルダムの便は全便欠航が決まったそうです。

内心1日遅れていたら、バルセロナまで行かないといけないと考えるとぞっとしました。

そのため現在は、バレンシアから日本に帰るためには、ロンドン経由で帰るか、もしくは、バルセロナなどほかの都市に行ってから帰るという方法を探してください。

アムステルダム、スキポール空港

僕は、アムステルダムの空港で1晩を過ごさないといけなかったので、ロビーに来ました。19時に到着したころには、人は、全然いませんでしたが、深夜0時あたりから、人が増え、1時ごろには人がいっぱいになり、朝起きてみると、立ちいり禁止のテープが張っている飲食店のエリアまで人が寝ていました。(飲食店は営業していません)

コロナの影響で、アナウンスでは毎回人との距離を1.5m以上あけることを推奨していましたが、夜寝るときは、そこまでの距離が空けることができない感じで人が寝ていました。

↓この場所に夜はたくさんの人がいました。

この時期でひとがこれだけいたので、もしアムステルダム、スキポール空港で宿泊する場合は、早めに場所を取っておくことをお勧めします。(充電施設も椅子についています)

スキポール空港の発着状況ですが、見た感じ6割がキャンセルされていて、空港利用客も少なかったです。利用している人は、スペイン人や、アメリカから来たような人など帰国を考えているだろうなというひとが多かった印象です。

パリ・シャルルドゴール空港

アムステルダムから次はパリに行きましたが、パリのシャルルドゴール空港では、キャンセルされている便はほとんどない感じで、人も多くいました。ただお店は飲食店を除いてすべて閉まっていて、いつもの活気があるわけではありませんでした。

ここから成田に行きましたが、もちろんこの便に乗るのはほとんどが日本人で、8割の席は空席となっていました。

日本での検疫

驚くべきことに、日本での検疫は、問診票のみの簡単なものでした。もちろん外国人の入国は制限されているとはいえ、海外からの日本人によるコロナの持ち込みも考え、もう少し厳しい対応でもよいのかなと思いました。なぜなら、自分が渡航した場所は自己申告制で、虚偽の申告をしようとすれば、できてしまうからです。

3月23日にヨーロッパ諸国のほとんどの国が感染症レベル3になり、今後の入国者については検疫が強化されると思うので、感染を広げないできる限りの努力をしてほしいです。

現在の帰国に関する注意

上記に書いたようにスペインだけではなく、いろいろな国のフライトがキャンセルされています。そのためフライト状況をきちんと確認してから買うことをお勧めします。実際に、websiteでは買うことができるのに、買ったらすぐに欠航の連絡が来て変更を余儀なくされ、変更料を取られるというのがあるので、前日までにそのフライトが飛んでいるか、明日も飛ぶ予定があるかなどを調べておくことをお勧めします。

また、料金についても片道より往復のほうが安いということもあるのでしっかり比較、検討してください。

自分できちんと調べて買うようにしてください!

※現在ヨーロッパから帰国した人には、公共交通機関の使用をしないこと(空港からも)2週間の待機要請がされているので、その点も注意するようにしてください。

【まとめ】 

今はスペイン、イタリアがひどくフライトのキャンセルなどが多く起こっていますが、どこのヨーロッパ諸国に留学していたとしても起こりうる可能性はあります。

そのためきちんと情報を調べ、空港、そのほかを利用するときは、必ず予防を忘れずにしてください。

安全な帰国ができることを願っています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

わからないこと、聞きたいことありましたら、コメントを頂ければ、出来る限りではありますが、お答えさせていただきます。

――――――THANK YOU――――――

スポンサーリンク

-バレンシア現地情報

Copyright© スペイン(バレンシア)留学 (たまに趣味のよさこいブログ) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.