バレンシア現地情報 留学お役立ち情報

コロナの影響で緊急帰国!!!今後の留学事情はどうなるのか??

投稿日:

こんにちは! カップです!  

スペインでの生活や、お役立ち情報、現地に行ってみないとわからなかったことをこのブログで発信していきたいと思います!

今留学を考えている方や、スペインがどういうところか知りたいという方、旅行で訪れる方は、是非覗いてみていってください!

今回お話しする内容は【コロナの影響で緊急帰国になった経緯と現状】についてです。

スポンサーリンク

現在の状況

現在、スペインの状況は、

マドリード州 7165人

カタルーニャ州(バルセロナ)3270人

バスク州 1465人

バレンシア州 1105人 など

合計19980人

となっています。

前日から+2833人とまだスペインはピークに達しておらず、ここからまだまだ増え続けることが予想されます。

そして、留学生にとって重要なのが、外務省の危険レベルです。

外務省感染症危険レベル3 マドリード州、バスク州、ラ・リオハ州、ナバラ州

外務省感染症危険レベル2 そのほかスペイン全土

が出されています。(レベル3:これらの地域への渡航はやめてください レベル2:不要不急の渡航はやめてください 【外務省海外安全ホームページ】)

留学帰国指示とは

まずタイトルにもあるように結果として留学を一時中断して、帰国するということになりました。

レベル1の段階で、学校から帰国準備の連絡がありました。僕自身コロナがヨーロッパでここまで広がると思っていなかったので、この時は、まあ大丈夫だろうと思っていました。

しかし、イタリアで感染が拡大し、スペインのマドリードで休校になった時点からすぐに非常事態宣言が出てあっという間に危険レベルが2に上がってしまい、この段階で、大学から留学を一時中断し、帰国をするようにという連絡が来ました。

周りのほかの交換留学生も全員大学からの指示で全員帰国というのを聞いています。そのほか、インターンなどできている日本人の人は、自己判断で残ることも可能なので残る人もいるみたいです。

また、この帰国指示が出る危険レベルは、大学によって違うみたいで、僕の大学は、レベル2で出ましたが、中にはレベル1での帰国指示もあるみたいです。

帰国指示後

正直なところ帰国指示が出ることをほんの数日前まで考えていなかったので、いきなり帰国指示が出て、いろいろなことをやらなければいけなくなりました泣

  • 各教授にメールで帰国の旨を伝えること
  • 家の解約
  • 帰国便の手配

もちろんこの解約金や、一時帰国のお金はもちろん自己負担です。

そして帰国便がなんせこんな状況なのでキャンセルされている便ばかり、、、

学校が勧めてきた便もあるのですが、片道で30万もする便をすすめてきてこの人たちは正気かと思いました。(ちなみに自分は、往復で65000円で買いました。)

留学も中止になって、お金も余分にかかり、手続きなど余分な時間も使って、

【コロナ許せん】という感じです。

留学の行方

今後の留学について、今のところ自分の日本の大学には、一時帰国ということを言われていますが、日本に帰った後にオンラインでの授業が再開し、学校が延長したとしても、6月いっぱいになる可能性が高いと教授が言っていたため、おそらくですが、このまま中止になる可能性が高いです。

友達の大学では、留学再開が10月になるという風に言われたみたいです。

そのため、ほぼ留学で帰ってくるのは不可能だと考えています。

本当に悔しいです、、、

今後留学をする方へ

今後留学を考えている方に向けてなのですが、日本の大学は、学校の開始を遅らせるという対応だけですんでいますが、海外の大学では、次学期の留学生の受け入れを停止している大学もあります。そのため留学を考えている大学の情報をよく調べておくことと、自分の大学の留学に行ける危険レベルの確認をしておくことをお勧めします。

中国が、危険レベルが引きあがってから、1か月半ほど経ちましたが、まだ引き下がる気配がなく、この状況がもしかすると長引く可能性があります。

次の秋学期から留学を考えている人は、しっかりと情報を調べて準備しておいてください!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

わからないこと、聞きたいことありましたら、コメントを頂ければ、出来る限りではありますが、お答えさせていただきます。

――――――THANK YOU――――――

スポンサーリンク

-バレンシア現地情報, 留学お役立ち情報

Copyright© スペイン(バレンシア)留学 (たまに趣味のよさこいブログ) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.